格安チラシ印刷で宣伝効果アップ|大量生産できるプリント術

案内

昔ながらの広告

印刷

のぼりのメリットについて

のぼりは、日本にある独特の旗のひとつで、長方形の布に対して、一方と上辺に竿をくくりつけたものです。その歴史は古く、室町時代において武家がその識別するために使われはじめたもので、現代では主に広告用として幅広く使われています。通常の吹き流しの旗では、風がなければ布の面を見せることができませんが、のぼりは、上辺に竿がくくりつけられており、風がなくても布の面を見せることができるメリットがあります。のぼりの素材はかつては竹などが使われていましたが、現在では金属パイプや軽量の合成樹脂素材のものが使われ軽量化されています。また布にも耐候性のある合成繊維が使われる傾向にあります。大きさも小型のものから大型のものまでバラエティに富んでいます。

利用するさいの注意点とは

のぼりは手軽に利用できる広告道具ですが、のぼりを利用するさいには十分に注意して行う必要があります。道路や歩道にのぼりを設置する場合には、歩行者や自動車の通行の妨げや見通しを悪くしたりしますし、景観を損ねるケースもあり特に公共の場での設置には十分に周辺に配慮するのが大切です。また、広告用ののぼりは、何らかの物体に固定して使用するのが一般的ですが、固定の仕方によっては強風が吹いた場合にはのぼりが転倒したり飛ばされたりする恐れがあります。一方で、のぼりはその手軽さからさまざまな場所で使われており、大相撲の興行会場では巨大なのぼりをみることができますし、スーパーマーケットや商店街などでも見かけることができます。